大人になりきれない40代の「ヤングおじさん」に物申す!

子供ぽいやんちゃな大人の画像
大人になりきれないおっさんやおばさんと言えば自己中心的で、怒りやすいうえに理屈が通じない人たちが主です。
こうした人たちは社会的な考えがほとんどなく、老後の生活を一切考えていません。他にも目の前の楽しい事を優先するばかりで自分で考えて判断する事を放棄し、たとえ優しい他人が叱ったとしても何一つ理解できないと断言できます。
それはひとえに安定した人生を送っていたからです。

人によってはピーターパン症候群などの障害の可能性もあり得ますが、精神科医である熊代亨さんが出版した本「若者をやめて、大人を始める」が指摘しているように人生を親に任せきりの子供が高度経済成長期から急増しています。2017年の大ヒットドラマ「過保護のカホコ」の主人公、加穂子が良い例かもしれません。良く言えば箱入り、悪く言えば世間知らずな大人たちが増えているのは親側にも問題はありますが、それが許されるほどの平和な時代が続いたからに尽きます。もっと行動を起こすべきなのです。仕事も会社任せにしないで責任感を持ちながら取り組むことはもちろん休日には家庭サービス、好きなこと例えば釣り情報や音楽に没頭するなど、より仕事が円滑に進めらるように自分自身の心身のケアも大人としての必要なことです。

けれど折しも令和となり、時代は変わりました。
だから言いたいのは「もう勘違いは止したほうがいい」です。結果的ではあったものの、平和の終わりにて様々な自然災害に見舞われて人災や二次被害が起こりました。記憶に新しい災害はいつ起こってもおかしくなく、その時に安定した生活はおろか、助けてくれるのは自分しかいないです。だからこそ目を逸らすのを止め、腑抜けではなく、我慢強く冷静で寛容な人間になるべきです。