はっきりしなくてもOK!大人と子供の境界線とは


大人という言葉がある通り、その逆には子供という言葉が存在しますが、その両者の言葉の意味をはっきりと熟知している「大人」はいったい何人いることでしょう。いろいろ調べている間にわかったことはこどもと大人にそもそも線引きなんて存在すらしていなくて、大人と世間一般から言われるようになった年齢の人たちが勝手に「○○だから大人」、「こうだから子供」というように決めつけて考えているだけのような気がしてなりません。持論を述べさせていただくとではどこからが大人だと胸張って言えるのかというと結局は”大人を意識しなくなったとき”ではないかと思います。中高学年の時代、「こうしたら大人っぽく見えるかな」など精いっぱい背伸びして大人ぶっていた記憶はありませんか?そんなことを思っている間はまだまだ子供だということ。それを無意識レベルで考えなくなったときこそが”大人になった”といえるときではないでしょうか。あくまでも言葉で説明するとという前提においてです。言葉にするのが難しいものほど論説しようとすればするほど遠ざかるものであり本当の意味での大人と子供の境界線は誰かの賞賛や評価からではなく自分自身の中にあるものかもしれません。それに気が付けることがまた成熟した思考を持っている大人と言えるかもせ入れません。

大人が子供になりきる!大人男子のルアー釣り趣味に役立つ情報サイト

大人の男として「粋」な品格を身に着けるための方法3つ


大人の男として持っておきたいものには品格があげられますが、その中でもひとつグレードアップした「粋」を身に着けた男性であれば女性にはもちろん人としてより魅力的であると言えるのではないでしょうか。そんな「粋」を身に着けるためには、3つの方法があると言われています。一つ目は物ではなく、人の紡ぐ物語に魅力を見出すようにすることです。どんな人がどんな思いで作っているかを知っていれば、身に着けたアイテムを褒められた時に話題の一つにすることができます。ただお礼を返すのもよいですが、魅力を伝えることが出来るのはより「粋」と言えるのではないでしょうか。

二つ目は相手を立てることが出来ることです。いつまでも子供のように俺が主役だと主張しすぎるタイプは、少なくとも「粋」とは言えません。相手を立てるというのは周りをよく見ていなければできません。大人の余裕をもった男性であれば、主役を譲るべき時かどうか判るはずです。会計の事などご馳走になるのが気が引けるときには、次回は自分が払うように気にかけておくとよいでしょう。

二つの事ができていたとしても、普段の格好が不潔であったら意味は有りません。いくら美味しい料理を出されたとしても、シェフのコックコートが汚れていたら台無しです。TPOを弁えたうえで、自分らしい着こなしが出来ればよりよいでしょう。「粋」で魅力的な大人の男性になるポイントとして参考にしてみて下さい。

大人の男だから天気の良い日は外で釣り↓

大人の塗り絵歴7年のおばあちゃんから見たその劇的効果

大人の塗り絵画像
日本では大人の間で塗り絵が流行っています。塗り絵というと子どもの遊びだと考える人が多いですが、実は大人にとってたくさんのメリットがあります。専門家の研究では、塗り絵が心身に良い影響を与えることがわかっています。
塗り絵歴7年のおばあちゃんが見た劇的効果から、その素晴らしさがわかります。塗り絵の作業中、脳の様々な部分が使われます。脳が活性化することで認知症を防ぐことができます。脳には多くの神経細胞があり、様々な理由で使われずにいると死滅していきます。手を動かして塗る作業は、運動機能が衰えてきた高齢者でも無理なくできます。塗ることに集中すると、心の中にある雑念がなくなりストレスから開放されるというメリットもあります。ストレスが多くなると自律神経に問題が出て精神状態が不安定になる人もいます。色を塗っていく作業にはアートセラピーの側面もあります。
精神科の作業療法にも取り入れられ、様々な効果が実証されています。毎日塗り絵を楽しむようになると、リフレッシュ効果が期待できます。寝たきりだった人が色鉛筆で絵を描くようになったら、徐々に元気が出て外出できるようになった例もあります。費用もほとんどかからないので、多くの老人ホームのレクリエーションでもメニューに入っています。